--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.05.20 11:09

その後の父。

入院して10日目に肺に直接入れてた酸素入れてる管が
取れました。

麻酔も切れ始め、意識も戻りました。

でも只今、「ICU症候群」

患者が目を覚まして、自分がICUにいると分かったとき、
そんなに命が危ない状況なのかという気持ちになることが多いのです。
数日してもICUから一般病室に移動できないと、
もう死ぬのではないかという不安と心配で、不眠になったり、
もう治らないのではないかという幻覚や妄想を抱くようになります

というもの。

丁度母が病院に行った時に点滴の処置をしていて
痩せてしまってなかなか点滴の針が入らず看護婦さんが
手こずってると…

「ころされるーーー!!」
「先生ーーー!先生ーーー!!」と叫んでたそうで。。

看護婦さんは「みんな麻酔から覚めたらこんなんですよーー。」
と笑ってたそう。

そして昨日私が病院に行くと…

「おーー来てくれたんかぁぁ」と。

いつもの父でした。

1週間前の父とは大違い。

たまーーに訳わからんこと言う時もあるけど
2・3日経てば意識もはっきりするそう。

今はもう鼻からの酸素吸入だけになってて
これももうすぐ取れて一般病棟に移れます。

その後、ご飯食べるリハビリと歩くリハビリに
時間かかるみたいで、入院はまだまだ続きそうです。

でもホントよかった。

重症と言われ、1週間が山ですと言われた先週。

こんなに日が経つのは遅いと思った1週間は
今までありませんでした。

みんなからのコメント。
メール。
本当にありがとう。

父の事をよーーく知ってる友達からは
「じぃじどう??」って
メールくれたり、電話くれたり。

本当に嬉しかった。
心強かった。

ありがとう。

明後日日曜日、笑ってイベントに出れそうです♪

5月22日(日)9:00-17:00
フルルマーケット花の文化園
(大阪府河内長野市)
主催:R+3calmさん

みなさんのお越しお待ちしています☆


スポンサーサイト

| にっき | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2011.05.12 00:41

日曜日。

救急で父が病院に運ばれた。

GWから熱が出たり下がったり。
6日の金曜日、いつもの内科に行った。

点滴受けて帰って来て、元気になった。

土曜日にはいつも通りご飯を食べ、外出も
していた。

でも日曜日に容態は急変。

呼吸が苦しそうで、歩くこともままならない。

救急車呼んで大きな病院へ。

結果は深刻なものだった。

重症肺炎。

もともと肺気腫と気管支喘息を持ってた父。
2つの肺の3分の2が真っ白だった。

重症。

「明日になってたら間に合わなかったかもしれない」と
先生に言われた。

麻酔をして、呼吸器入れるので1週間は目が覚めなく
なるから、家族呼んで下さいと言われた。

急いでソフトに行ってたパパとtaiを迎えに行き
病院に向かう。

そしてまだ麻酔をしてないから意識のある父と会う。

待ってる間はギャーギャー病院で騒いで
怒られてた2人も呼吸器をつけられたじぃじを見て
びっくりしたんやろな。

ワーワー泣きだした。

元気なじぃじしか知らない。

呼吸器つけてしんどそうなじぃじは知らない。

しんどい中
「大丈夫やで。」と孫に笑顔で声をかけるじぃじ。

taiは泣きじゃくってじぃじの顔見ることもできなくなってた。
mikuは泣いて泣いて…でもしっかりじぃじの手握ってた。

「元気になるためにこの機械つけてるねんで。」
と子供に声かける大人の声も震えてる。

子供だけじゃない。
母も私も妹も旦那もこんなつらい顔した父を見たことない。

今の状況を飲み込めなかった。

「今週1週間が山です。」と最悪な状況が先生から伝えられる。

命にかかわるほどの重症。

そして今日、麻酔をし意識がない中酸素を直接肺に
送り始めて3日目。

酸素の数値は上がってきた。

顔見に行っても意識がないから
話かけてもわからない。

手をさすり、頑張れーーーと声をかける毎日。

まだICUに入ってる為、子供たちは会えない。

「じぃじに会いたい。」
「いつになったら会えるん??」と毎日聞く
子供たち。

つらいよね。

毎日一緒にいたんやもんね。
誰よりも2人の事見てくれたのはじぃじやったもんね。

でも絶対元気になって会える日は近いはず。
今は祈るしかない。

まだ67歳やもん。

頑張れ。
帰って来て。

毎日みんなで祈る。
今はこんなことしかできないもんね。

| にっき | コメント(2) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。