--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.05.20 11:09

その後の父。

入院して10日目に肺に直接入れてた酸素入れてる管が
取れました。

麻酔も切れ始め、意識も戻りました。

でも只今、「ICU症候群」

患者が目を覚まして、自分がICUにいると分かったとき、
そんなに命が危ない状況なのかという気持ちになることが多いのです。
数日してもICUから一般病室に移動できないと、
もう死ぬのではないかという不安と心配で、不眠になったり、
もう治らないのではないかという幻覚や妄想を抱くようになります

というもの。

丁度母が病院に行った時に点滴の処置をしていて
痩せてしまってなかなか点滴の針が入らず看護婦さんが
手こずってると…

「ころされるーーー!!」
「先生ーーー!先生ーーー!!」と叫んでたそうで。。

看護婦さんは「みんな麻酔から覚めたらこんなんですよーー。」
と笑ってたそう。

そして昨日私が病院に行くと…

「おーー来てくれたんかぁぁ」と。

いつもの父でした。

1週間前の父とは大違い。

たまーーに訳わからんこと言う時もあるけど
2・3日経てば意識もはっきりするそう。

今はもう鼻からの酸素吸入だけになってて
これももうすぐ取れて一般病棟に移れます。

その後、ご飯食べるリハビリと歩くリハビリに
時間かかるみたいで、入院はまだまだ続きそうです。

でもホントよかった。

重症と言われ、1週間が山ですと言われた先週。

こんなに日が経つのは遅いと思った1週間は
今までありませんでした。

みんなからのコメント。
メール。
本当にありがとう。

父の事をよーーく知ってる友達からは
「じぃじどう??」って
メールくれたり、電話くれたり。

本当に嬉しかった。
心強かった。

ありがとう。

明後日日曜日、笑ってイベントに出れそうです♪

5月22日(日)9:00-17:00
フルルマーケット花の文化園
(大阪府河内長野市)
主催:R+3calmさん

みなさんのお越しお待ちしています☆


スポンサーサイト

| にっき | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。